おはなしべやの絵本

子どもへの読み聞かせにぴったりの絵本を紹介しています。子育て中のママさん、保育士さん、おじいちゃんおばあちゃん、ゆっくりくつろいでいってくださいね。

子どもたちの大好きな【秘密】の絵本「るどるふ」

ママさん・保育士さんみんな共感いただくのが「子供ってほんとうに秘密がすき!」ということ。

子どもがなかなか寝ないときにも、布団のなかで「内緒話しよう!こそこそ・・・」としゃべりだすと、なぜか子供もつられてコソコソ声になり、いつのまにかスヤスヤ・・・と寝付いてくれることがありました。

 

今日はそんな秘密話の絵本、「るどるふ」のご紹介です。

るどるふ

絵本「るどるふ」

「るどるふ」のあらすじ

主人公ルドルフはトナカイの男の子。ある晩から、おじいちゃんによる「秘密の特訓」が始まります。

とっても大きなモミの木を飛び越えろって言われたり、おじいちゃんの友達トナカイと毎晩綱引きをさせられたり・・・。到底できないような無理難題を毎日強制してくるおじいちゃんに、ルドルフは文句ばっかり。

でもある夜、おじいちゃんが特別な場所に連れて行ってくれました。

毎日叩かれ続けて赤くなった鼻に力をこめると、ピカーっと輝き出して・・・。

 

厳しい特訓を経て、子どものトナカイが一人前になっていくところを描いています。

少し長めのお話なので、年中、年長組以降が楽しめそうです。

絵本「るどるふ」

「るどるふ」の見どころ

おじいちゃんトナカイによる厳しい「秘密の訓練」の様子がとっても面白いです。

いやになっちゃうるどるふのセリフに、自然と感情が入ります。

効果音が少ないので、絵本の読み聞かせが苦手な人にもおすすめです。

 

秋田出身の画家、ミウラ・リョーコさんの描く挿絵にも注目。カラフルながら温かみのある色使いで、クリスマスの雰囲気がとてもよく出ています。

小さなるどるふが一生懸命頑張る姿が、つい応援したくなります。

るどるふ

絵本「るどるふ」

「るどるふ」はお昼寝・就寝前にもおすすめ

実は寝る前の絵本にぴったりなのがこの「るどるふ」。

あんまり有名じゃないのが不思議なくらいです。

なかなか寝付いてくれず暴れまわる子にもおすすめです。

お布団にはいって「このおはなし、内緒だよ・・・」と話していると、いつの間にかこどもは寝てしまいます。

 

特に小さな子供は真似したがる傾向にあるので、「ひみつ・・・」とコソコソ話していると、そのトーンを真似てひみつの会話がはじまります。

そうやっているうちに気分が落ち着いて、睡眠モードに入れるのです。

るどるふ

絵本「るどるふ」

クリスマスの絵本をもっと見る

 クリスマスといえば、こちらのミニミニサンタの話もおすすめです。

www.childbook.info